看護師求人が増えた理由って?

看護師求人は今全国各地で出される物となってきており、看護師としての資格を持つ人であればどこでも働くことが出来るようになったと言っても過言ではありません。

ただしかし、ここ数年間の看護師求人の増え方はある種異常と言っても良い状態にあります。

ではどうしてそこまで増えてしまったのかと言うと、その背景にはやはり「人材不足」があります。

もちろん有資格者と言うことで言えば決して不足していることはありません。



この資格を新たに取得するのは毎年4万5千~5万人ほどとなっており、現在病院だけでも働いている人は100万人ほどです。

定年退職をする人の数を考えても、本来であれば不足をすることは無いと言っても良いでしょう。

看護師 - Wikipedia

ですがそれでも不足している背景には、離職してしまった人が中々戻ることが出来ないことが原因としてあるのです。
毎年新たな医療技術が生み出されていく中では常に最前線で学んでいなくてはならず、たった数年であっても再び看護の現場に戻るのには勇気も努力も要ります。

そうなると別のところで働くという選択をする人が非常に多いのです。ただ人員不足の影響はどのような医療施設にも発生してきていますから、どのような医療施設でも対応を急いでいます。


その中で出される求人には「ブランク歓迎」などの言葉が付け加えられることも増えてきており、また国としても復職を促すための取り組みがされるようになってきました。
「看護師としてまた働きたい」というような人はどのような病院でもほぼ間違いなく歓迎されるとみて間違いありませんから、是非応募してみることをお勧めします。