脂肪注入豊胸後の脂肪壊死とは

  • 脂肪注入豊胸後の脂肪壊死とは

    • 脂肪注入豊胸で注入した脂肪細胞は、周囲の栄養分を受け取って生着していきます。
      栄養が不十分な場合には、脂肪細胞は死んでしまい、これを脂肪壊死と呼びます。

      壊死した脂肪細胞は通常は吸収されていくのですが、周りを繊維の被膜が覆い、カプセル状になって残ることがあります。脂肪壊死の原因は次の3つが考えられます。

      まず、脂肪に含まれる不純物が十分除去できていない場合には、酸素や血液の循環が悪くなり脂肪が塊となって壊死しやすくなります。


      脂肪をまんべんなく注入せず、まとめて注入すると、中心部にまで栄養が行き渡らなくなって壊死します。また、多すぎる量を注入した場合にも、圧力で脂肪が塊になって壊死します。
      カプセルに包まれた脂肪成分はオイルシストと呼ばれ、これ自体は身体に悪影響はありません。ただし、大きいオイルシストは痛みを伴ったり、周囲に炎症を起こすことがあります。


      しこりが目立つ場合や、痛みがある場合には、除去することが可能で、注射器や吸引器でオイルを吸い取ります。
      オイルシストの周囲にカルシウムが沈着して石灰化し、大きくなってくることもあります。

      除去するには、軽度の場合には3mm程度切開してカニューレと呼ばれる細い管を挿入して吸引しますが、進行している場合にはもう少し大きく切開して除去します。
      脂肪注入豊胸での脂肪壊死は、クリニックの手法や技術によって引き起こされるので、豊胸術の実績豊富な信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。


      豊かなバストを作り出すには、ある程度の食事の量をとって、脂肪を増やしてあげなければなりません。
      なぜかというと、女性のバストの部分は、その殆どが脂肪でできているからです。
      しかし、脂肪分の多い食事をたくさんとれば、太ってしまう恐れがあります。

      また、小食の人にとって、食事の量を増やすという行為は、意外にも苦痛を伴うものです。


      食事による方法以外で試すのなら、美容整形外科の豊胸手術を受けるのが簡単です。

      これならば太ることもなく、無理に食事の量を増やす必要がありません。


      豊胸手術とは、メスを使った方法です。

      この他にもいくつか豊胸施術が存在しますが、現時点ではメスを使った方法が一番バストアップ効果が高くなっています。ワキの部分に数センチの切れ込みを入れた後で、プロテーゼと呼ばれるものを挿入して、バストを大きく見せます。プロテーゼとは医療用の器具などを身体に設置して、欠損部分などを補うために使う方法の総称のようなものです。


      豊胸手術では、シリコンバックというものが使われます。
      シリコン以外の昔から使われている素材もありますが、費用は安いものの、あまり効果が高くないとされています。シリコンバックはアメリカ製のものが品質、信頼共に高いものがあり、大抵の有名な美容整形外科で使用されています。


      高品質なシリコンバックならば、健康診断の胸部レントゲン撮影を行った時にも、影が映ることが少なく、プライバシーが守られやすくなっています。

      銀座のそばかす治療のホームページをチェックしましょう。

      注目の名古屋で評判の植毛を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

      新宿で脱毛を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

      すごく便利な大阪の医療脱毛を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

      池袋で小顔に関する特集が満載です。

      http://top.tsite.jp/news/beauty/o/24281477/

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1295095002

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1456269184

  • 関連リンク

    • 豊胸手術後の痛みは、施術内容や状況によって、原因が異なります。ヒアルロン酸豊胸の術後は、麻酔が切れてくると筋肉痛程度の痛みが約1週間続きます。...

    • 豊胸手術には、いくつかの種類が存在し、その内で最も新しいとされる血小板注入による手術があります。血小板が豊胸手術で、どういう役割があるのか気になるところです。...